読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【…省略されました。続きを読むなら無料会員登録☆】

大村と申します。趣味はD◯Mでサンプル動画を観ることです。婚活イベント・レポートなどもたまに掲載します。

類は友を呼ぶ

ボンジュール、日本が誇るhentaiの皆さん。歯磨き中がくそほど暇なので、筆をしたためてみやうと思います。

 

 

 

何を書こうかなぁ、と思ったのですが仕事の話はNGだし、かといってFacebookに書くような『今日は大学の同期と久々に女子会️麻理ちゃん幹事ありがと️』みたいなウェイ系投稿も皆様見飽きているだろうし、では今まで私がお会いした様々な変質し…いや、変わっているかたについて書き連ねていこうかと思います。今回は主に男性編。

 

 

 

--------キリトリマセン---------

 

 

自分が『変わっている』という自覚は、まだ肌にエラスチン及びコラーゲンたっぷりでハリ感のあった○学生だったころからございました。何をもって変わっているかと訊かれたら上手には答えられませんが、自他共に変わっているという評価で異論はないと思います。

 

 

 

今回の日記のタイトルを『類は友を呼ぶ』にしたのは、一言でまとめると変わっている私が、今まで引き寄せてしまった?変わった人について筆をしたためようと思ったからなのです。

 

 


chapter.1 等価交換
まだうら若き予備校生だったころ。お金のない私は990円のムートンブーツを履いていました。

 

f:id:tsuduki_wo_yomunara:20170305234532j:image

 

安かろう悪かろうで一ヶ月くらいで型崩れを起こしていたのですが気にせず履いていたところ、ある日の夜遅い帰り道、知らないサラリーマン曰く

 

『あの、大変無理を承知なのですが、あ な た の 靴 を 僕 の 靴 と 交 換 し て く れ ま せ ん か ? 』

 

(゚O゚)

(いや、靴売ってくださいならまだ変質者ジャンルとして気をつけましょう的なジャンルで知ってるけど、交換?えっ?サイズ的にも無理があるし、そもそも30くらいのオッサン(当時の18歳の自分から見て)の靴と等価交換だと思ってるの?あっけどたしかにブーツ汚いや。じゃあ価値的には同じくらいなの…か…?)

と思考をぐるぐる巡らせていたら『ごめんね』と言って何もせず去って行きました。紳士的なHentaiでしたが、いまいちパンチに欠けるので☆2つ。

 

 


chapter.2 CR北極物語


予備校生活を終え華の女子大生となり、繁華街のレストランでアルバイトをしておりました。それは暑い夏だったと記憶しております。その退勤後、ぼーっと歩いていたところ、知らないお兄さん曰く

 

 

『すみません、 こ こ ら へ ん で ペ ン ギ ン見 ま せ ん で し た か ?』

 

↓そのときの大村の顔↓

f:id:tsuduki_wo_yomunara:20170305234619j:image

 

 

(えっ?ペンギン?このコンクリートジャングルTOKYOで?うわぁこの気温じゃペンギン干からびるで?東京砂漠やで?)

とまたもやポカーンとしていたら『すまんなお嬢ちゃん機嫌悪かったか、また会おな!』と爽やかな笑顔を残して去って行きました。

 

 

後日大学で友人にこのことを報告したら、友人も渋谷で同じことを知らないオッサンに言われたとのこと。二人でググったらザブングル加藤が編み出したナンパの声かけ方法とのことでした。ノッときゃよかった。悔しいです!!☆2つ。

 

 


chapter.3 こげ茶

学校帰り。某東京3大乗り換え面倒くさい駅でふと振り返ったら、20mほど後ろに日焼けしたガチムチ体育会系お兄さん。あぁ夏だもんね、それにしちゃ黒いなぁ。海でも行ったのかなあ。

3分後、やっと改札。定期を出そうとかばんを探る。あれ、さっきのお兄さん隣にいる。松崎しげる並みに日焼けしてるなあ。

その2分後、やっとエスカレーター。あれ、お兄さんずっと近い?やばい!!逃げろ!!私は松崎しげらない!!うわあああ追いかけてくる!!笑顔だけど歯ァ白!!!肌との対比効果ってこないだ授業でやった!!

『おねーさん待って!!かわいいって思ってたの!!ご飯行きませんか!!』

番号教えちゃったよ。

そんな松崎しげるとは今でもいい友達です。こないだ久々に飲んだら日焼けが落ちて普通の人になってました。☆3つにしておいてやろう。

 

 

 


chapter.4 やさしさ

ちょうど3年前。華の女子大生を卒業し、就職した職場が合わず辞めたくて辞めたくて仕方なかったころ、その日もどんよりした気持ちのまま帰路についていたとき、人気のない場所で目に入ったのは

 

 

上 裸 の 女

 

 

えっ?確かに私今病んでるけどついに幻覚みえるほどおかしくなっちゃった?いやけど意識はハッキリしてるよ?いや、この人幽霊じゃない!!人間だ!!

まさかろしゅつきょう?けど女の人だよ?私女だよ?でももう10月だよ?

 

 

私『寒いから何か着ないと風邪ひいちゃうよ』

 

おんな は にげた !

わたしの けいけんち は とくに あがらなかった !

 

 

彼女が風邪をひいていないことを祈る。
その後私がフリーターになったのはまた別のお話。☆は保留。


---------キリトリマセン---------

 

 

 

まだまだ書きたい、私が今までエンカウントした変わった人は二人ほどおりますが、字数的にここまでとなります。また機会があったら書こうと思います。

 

 

総括すると大人しそうな黒髪のときって変わった人を寄せる率高くなるなぁと思いますが、私の場合、今は仕事の規律上そうしているのです。だから黒髪のお嬢さん気をつけてね。本当に。最近物騒だから。

 

 

あとchapter1のあとは、靴は高価なきちんとしたものを履くようになりました。お洒落は足元から。


ほら、あなたの周りの黒髪清楚な女性の中にも、

私 み た い な 変 質 者 が 紛 れ て い る か も し れ な い よ ?


おあとがよろしいようで。