読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【…省略されました。続きを読むなら無料会員登録☆】

大村と申します。趣味はD◯Mでサンプル動画を観ることです。婚活イベント・レポートなどもたまに掲載します。

Tinderを始めてみる

もぅマヂ無理。

 


彼氏とゎかれた。

 

f:id:tsuduki_wo_yomunara:20170329203932j:image


ちょぉ大好きだったのに、ゥチのことゎもぅどぉでもぃぃんだって。

 


もぅゥちわこの彼氏を敵と断定、国際戦争平和条約第64条に基き、我が軍の全勢力を彼氏に対する報復行為の為に武力行使をすることをここに宣言し、武力をもってこれを殲滅する。

 

 

※昨年のクリスマスのことです

 

 

 

その彼氏のことは書くと夜が明けてしまうので(明日4時半起き)、また別の機会に記そうと思う。

 

 

さて、独り身となった大村は出会いについて考えていた。

 

男の人とどこで出会ってたんだっけ。

 

学生時代は女子大生ブランドを活かし、合コン・六本木や西麻布のクラブ(ナンパ箱)夜な夜な遊んでいるという非常にスレた(素朴さは装っていたが)感じの女子大生だった。

 

しかしこんな遊び方は体力的にも世間の目からみても女子大生のうちだけしかできないと当時から分かっていたので、女子大生を卒業したらすっぱりやめた。そんな派手な遊び方が、どちらかというと内向的に育った自分には「背伸び」だとも薄々気づいていた。

 

 

そして少し昔の春、私は西日本で社会人になった。

 

女性しかいない職場だった。

 

社会人ってどこで出会えばいいのだ?

先輩との合コンってめっちゃ気を遣うやん?

同期同士との合コンもめっちゃ気を遣うやん?

 

社内ってめっちゃ気を遣うのな?

 

 

 

 

「誰かを傷つける試合はしない」

がモットーであるので、彼女持ちちんこまたは既婚ちんことは試合をしないのがポリシーである。

 

そしてマン…満を持して転職した企業も女性社会であった。

 

 

あかん。

 

これ自分から行動しなければ

 

一  生 独 身 ち ゃ う か ?

 

 

 

と思い、23歳から世間でいう「婚活」「恋活」というイベントに参加することを始めてみたのである。

どちらかというと婚活系はひとりで、恋活系は独身の友人と行くことが多かった。

 

 

プログラムからいえば

 

・婚活パーティーP

・婚活パーティーE

・恋活パーティーO

シングルスバーG

・恋活バーG

・スタンディングバー

・相席居酒屋A

・マッチングアプリT

 

といったところだろうか。

 

そこで出会ったふしぎな人や不思議な体験、そしてネトスト(意:ネットで相手のありとあらゆる情報を探すこと。そこに書いてあることを会話の種に使う人もいれば、私のように既婚または彼女持ちちんこでないことを確認するための手段として使う人もいる)により救われた話などなど、まあ多分半年くらいかけて書いていこうと思う。

 

 

ちなみに今はマッチングアプリT以外は全て休会している。25歳のこのいちばん売りどきになんで?と聞かれるが、なんとなく「結婚」「恋愛」という世界を休みたくなったのと

 

現在ほぼ毎日朝7時に起き10時に転職活動面接→終わってダッシュで12時にエクストリーム出社→休憩中も転職活動のやりとりや志望動機作成→23時エクストリーム帰宅という生活を送っているので、退勤時の電車内で手軽に出来るマッチングアプリTくらいしかなかったからである。

 

だから各社・各店の「いま」と、これから半年間かけて綴る私の婚活・恋活回想録とは齟齬が生じるかもしれないけれど、「なんとなく婚活・恋活ってこんなかんじなんだ〜ほ〜ん」と鼻をほじりながらでも読んでくださったら大村は嬉しいです。

 

 

 

 

そして就業中の転職活動は計画的に。